韓国岳

韓国岳は宮崎県のえびの市と鹿児島県霧島市にまたがっています。
約17,000年前の噴火で作られた山で、頂上には直径800m、深さ300mの火口をもちます。
火口縁に爆裂火口があり分断されたため、えびの高原から見るとピークが2つあるように見えるのが特徴です。高山植物も沢山咲きとてもきれいです。
野生のシカも多くみられ道路を横断する鹿には要注意です。

e0184970_1542119.jpg



e0184970_214760.jpg



階段状に整備された登山道で登り易い登山道と感じました。



e0184970_224561.jpg



大浪池



e0184970_25112.jpg



e0184970_272056.jpg



e0184970_275413.jpg



山頂付近の足元は火山岩がゴロゴロして歩きにくいです。
韓国岳山頂1700m。



e0184970_282210.jpg



新燃岳、左奥の「山」の字に見えるのが高千穂峰大きな火口湖、大浪池。



e0184970_295087.jpg



e0184970_2101957.jpg



e0184970_212045.jpg



e0184970_2135311.jpg



e0184970_2153780.jpg



e0184970_2164876.jpg



いつか霧島連山縦走したいですね。


ここから帰る予定でしたが、あまりの快適さにえびの高原でビール飲んじゃって
近くのキャンプ場(えびの高原キャンプ場)に泊ることになりました。











[PR]
by ehcrmm | 2014-06-22 03:00 | Hiking | Comments(0)
<< えびの高原キャンプ場 高千穂峰 (たかちほのみね) >>