カテゴリ:Hiking( 18 )

Autumn Hiking 久住

10/23・24で久住山ハイキングしてきました。
登山口は長者原〰すがもり小屋〰中岳方面〰坊がつるテン泊なコースで。
今回いろいろなギアを試したいことと、星空撮りたくてテン泊したんですが、結構夜中は寒くて指先の感覚が
なくなるくらい痛かったですが、夜撮影時にはULギアのHot Candy Heaterが大活躍でした。
こんな感じで

e0184970_19483576.jpg



こちらはすがもり小屋です。
スゴイ星の数でした。

e0184970_1952417.jpg



昼間は温かく、夜は冷え込んだ坊がつるでした。


e0184970_2091788.jpg



e0184970_20115441.jpg



普段トレッキングポールは持って行かないので無いことに後から気づく。
結局1時間以上探し回りました、
木製ポールを。
木製ポールに目が目立っていたのか夜に訪問して頂いた方ありがとうございました。


e0184970_20122666.jpg



とりあえず夜の部に続き昼の部完成しました。

















[PR]
by ehcrmm | 2014-11-12 22:00 | Hiking | Comments(0)

中岳に朝駆け

最近は活動しすぎてブログアップするのが追いつかない状況になっちゃってます。が、いつかまとめてアップいたします(笑)
そんな中またまた長者原からスガモリ越して北千里ヶ浜から登り久住分れ・天狗ヶ城・中岳・稲星山・スガモリ越して坊がつるで1泊してきました。目的は星を撮って雲海を見るでしたが、長時間露光は結露との戦いで撃沈。
結構厳しかったです。とりあえずは結露してない写真だけを・・・
夜の部ですが興味がある方はどうぞ〰



e0184970_3535043.jpg





               
















[PR]
by ehcrmm | 2014-10-28 05:00 | Hiking | Comments(6)

由布岳に行って来ました

9/13.14で今年2回目の由布岳にいってきました。前回は暴風に雨でしたが、今回は登り始めは天候良かったですが、山頂近くになってガスって視界も悪くなってきましたが、ときどき晴れ間も見えなかなかの撮影日和にもなりました。
手前の小さい山は飯盛ヶ城です。
早速由布岳登山口にある駐車場から出発。


e0184970_23425371.jpg




今回の山登りはゆっくり景色でも見ながらハイキングしようということで、
正面登山口~合野越~マタエ~東峰~マタエ~合野越~正面登山口で戻ってくる予定でしたが、
マタエに到着し鎖場を見た瞬間、「嫁がせっかくだから西峰に行こう」発言で子供達も無理やり
西峰に行くことになりました。


e0184970_23515137.jpg



したがいまして予定変更で西峰の登り⇒西峰下りになりました。



e0184970_2353378.jpg





e0184970_346645.jpg



鎖場の登りは結構スムーズに行けましたが、降りるのは1か所だけ結構勇気がいるところがあり子供達も足が出ずにいました。



e0184970_012382.jpg




それがこちらの障子戸のトラバース降りは結構急に感じるんですよね〰
でも頑張って降りていきました。



あとはマタエに到着ゆっくりと森林浴楽しみながら下山いたしました。


e0184970_348177.jpg




e0184970_3512485.jpg




その後は志高湖でキャンプすることで決定。2時過ぎてるけど良い場所が空いてるといいんですがね~
と言いながらバタバタ志高湖へ向かいました。















[PR]
by ehcrmm | 2014-09-18 04:00 | Hiking | Comments(2)

梅雨の由布岳

先週は大分県の由布岳に登ってきました。
雨の日に使うギアを確かめたくて天候が良くない日に決行しました。
由布岳は標高1584mで東峰と西峰の二つのピークを持っています。
晴れた日に見るとカッコイイ頂上が2つあるのがわかりますね。
あいにく今日は見えません。


e0184970_22124390.jpg




独立峰の為に風が強く、冬期は霧氷の名所として知られています。
登り始めは樹林帯の緩やかな道で歩きやすくハイキング気分で山歩きできます。


はい、いきなりマタエに到着。
由布岳山頂は容易に登れる東峰と、ちょっと怖い鎖場がある西峰があります 。


e0184970_22174355.jpg




ここで東に行くか西に行くか別れます。
西峰の鎖場の方に行って来ました。


e0184970_22184697.jpg




暴風に濃霧です。
前日まで降ってた雨で岩場が滑り易い状態になってました。


e0184970_2219413.jpg



時折吹く強い風が、体が倒れてはいけない方向へもって行かれそうになります。
              



e0184970_222038.jpg




e0184970_222111.jpg




e0184970_22222669.jpg




e0184970_22225646.jpg



お鉢巡りをしてマタエに戻ってくる頃には天気も回復してきました。




e0184970_22231861.jpg




e0184970_22235724.jpg




e0184970_22241899.jpg




e0184970_22534245.jpg




e0184970_22523223.jpg




今回のコースは、
正面登山口~合野越~マタエ~西峰~お鉢めぐり~
東峰~マタエ~合野越~正面登山口に戻ってきました。
来年の雪の由布岳にそなえてあと4回は登りたいと思います。



















[PR]
by ehcrmm | 2014-07-08 00:00 | Hiking | Comments(2)

韓国岳

韓国岳は宮崎県のえびの市と鹿児島県霧島市にまたがっています。
約17,000年前の噴火で作られた山で、頂上には直径800m、深さ300mの火口をもちます。
火口縁に爆裂火口があり分断されたため、えびの高原から見るとピークが2つあるように見えるのが特徴です。高山植物も沢山咲きとてもきれいです。
野生のシカも多くみられ道路を横断する鹿には要注意です。

e0184970_1542119.jpg



e0184970_214760.jpg



階段状に整備された登山道で登り易い登山道と感じました。



e0184970_224561.jpg



大浪池



e0184970_25112.jpg



e0184970_272056.jpg



e0184970_275413.jpg



山頂付近の足元は火山岩がゴロゴロして歩きにくいです。
韓国岳山頂1700m。



e0184970_282210.jpg



新燃岳、左奥の「山」の字に見えるのが高千穂峰大きな火口湖、大浪池。



e0184970_295087.jpg



e0184970_2101957.jpg



e0184970_212045.jpg



e0184970_2135311.jpg



e0184970_2153780.jpg



e0184970_2164876.jpg



いつか霧島連山縦走したいですね。


ここから帰る予定でしたが、あまりの快適さにえびの高原でビール飲んじゃって
近くのキャンプ場(えびの高原キャンプ場)に泊ることになりました。











[PR]
by ehcrmm | 2014-06-22 03:00 | Hiking | Comments(0)

高千穂峰 (たかちほのみね)

6/14(土)曇り気温21℃
午前3時に自宅を出発。八女ICから高速を乗りえびのICで降りる。所要時間は八女IC→えびのICまで約2時間30分。えびのIC→高千穂河原ビジターセンターまで約30分で到着。
高千穂峰は霧島連峰の一つで宮崎県と鹿児島県の県境に位置する複合火山で1574m。
滑って登りにくい山ですが、5月末から6月にかけてはミヤマキリシマがとてもきれいです。
幕末の志士・坂本龍馬は新婚旅行で妻のお龍(りょう)と高千穂峰に登り、二人で天(あまの)逆鉾(さかほこ)を引き抜いたとのことも有名ですね。


e0184970_5213996.jpg



登山口は、高千穂河原駐車場から鳥居をくぐっていきます。


e0184970_5285816.jpg



樹林を抜け石畳の登山道を上がると赤茶けた登山道が現れます。


e0184970_530989.jpg



ここからお鉢まできつい急登が続きます。


e0184970_531724.jpg



e0184970_5344370.jpg



2011年新燃岳の噴火により火山礫や火山灰が堆積されました。
急斜面を登りますがザレ場で登っても、登っても、なかなか前に進みません。


e0184970_536799.jpg



御鉢の頂上に着きます。

馬の背と呼ばれる火口縁に来ました。

馬の背を下って高千穂峰山頂へ続く登山道を登ります。

奥に見えるのが高千穂峰山頂。


e0184970_540216.jpg



e0184970_5473379.jpg



e0184970_557163.jpg



高千穂峯山頂(1574m)


e0184970_558367.jpg



e0184970_5592950.jpg



e0184970_686100.jpg



e0184970_6311270.jpg



ミヤマキリシマがとてもきれいです。素晴らしい景色でした。


e0184970_633525.jpg



e0184970_693120.jpg



下りは1歩降りたら2m滑り下りる感じで下山でした。


e0184970_6263893.jpg



e0184970_63561.jpg



その後は2つ目の山、韓国岳(からくにだけ)1700mへ向かいます。


e0184970_6411151.jpg












[PR]
by ehcrmm | 2014-06-19 07:00 | Hiking | Comments(0)

ミヤマキリシマの平治岳

5/30(土)山開き前日に平治岳に登ってきました。
大船山の予定でしたが、ミヤマキリシマが三分咲きとのことでしたので予定変更で平治岳に。
絨毯のように密集して咲くと聞いてましたが、まさにその通りでした。
コースは長者原~雨ヶ池~坊がつる~平治岳ミヤマキリシマ~坊がつる~法華院温泉山荘~北千里浜~
スガモリ越~長者原。
長者原を7:00にスタート

e0184970_501346.jpg


e0184970_503911.jpg


e0184970_517100.jpg


雨ヶ池を通過

e0184970_51153.jpg


e0184970_512388.jpg


e0184970_51309.jpg


e0184970_514673.jpg


e0184970_515397.jpg


坊がつる到着

e0184970_7302093.jpg


e0184970_52279.jpg


お昼の準備します。

e0184970_521499.jpg


平治岳へ出発。

e0184970_522556.jpg


e0184970_523454.jpg


e0184970_534369.jpg


e0184970_54981.jpg


渋滞です。

e0184970_542017.jpg


e0184970_54361.jpg


お昼寝です。

e0184970_545150.jpg


e0184970_7453798.jpg


さて、法華院山荘に出発します。

e0184970_554964.jpg


e0184970_555976.jpg


e0184970_56890.jpg


e0184970_561864.jpg


e0184970_563671.jpg


帰りはスガモリ越え。

e0184970_565158.jpg


e0184970_57046.jpg


e0184970_57778.jpg


e0184970_571878.jpg


e0184970_572788.jpg


e0184970_573582.jpg


e0184970_575010.jpg


e0184970_581189.jpg


e0184970_582829.jpg


e0184970_774088.jpg


e0184970_529754.jpg


今回は、ばたばた日帰りハイクでしたが、次回はテント泊したいですね。











[PR]
by ehcrmm | 2014-06-06 06:00 | Hiking | Comments(0)

立石山

立石山は糸島半島の芥屋にある山です。
登山口は昨年の夏、海水浴に来た芥屋海水浴場の砂浜を歩き
旧芥屋ビーチホテル廃墟横から登り始めます。1時間もあれば登頂できます。
いきなり急こう配から始まり、岩だらけの登山道が続きます。


e0184970_133838.jpg



子供達も元気で一気に駆け上がります。
ちょっと登ると視界が開けてきたところで


e0184970_161256.jpg



後ろを振り向くと、芥屋の大門が見えてきます。
第一絶景ポイント。


e0184970_12551743.jpg



e0184970_1115327.jpg



もう少し登ると


e0184970_12571270.jpg



可也山(通称小富士)も見えてきました。


e0184970_1215787.jpg



コーヒータイム。


e0184970_13133534.jpg



結構すべったり、岩場に足を挟まれたりします。


e0184970_1245573.jpg



e0184970_127928.jpg



e0184970_1392152.jpg



一応糸島なので夕方までいました。


e0184970_13355.jpg



2時間30分ほどの山歩でしたが、十分トレーニングになりました。









[PR]
by ehcrmm | 2014-04-11 02:00 | Hiking | Comments(0)